結婚式の豆知識

デキる花嫁のマナーと気配りPART.5 両家の会話編

何気ない言葉づかい

ふとしたしぐさやなにげない言葉づかいが素敵。 気取っているわけではないのに、 今日は特別に輝いて見える…。 立ち居振る舞いにスマートさが感じられる花嫁は、 5割増で美しくなります。 ここでは洗練された会話術について、 まとめてみました。


日常とパブリックを混同しないで

結婚式は年齢も職業も違う人たちが集まる場所。
日ごろは彼とフランクな態度で接していても、
そんな態度がゲストにはどう見えるのかをよく考えるべきです。

いつもの調子で彼を呼び捨てにしたり、
「タッくん♪」的なふたりの間のニックネームで呼ぶなんていうのは、
公の場ではタブー。
「結婚式=パブリック」という意識をもつだけで、
言葉づかいは自然とていねいになります。

ちょっとしたコツで会話がスマートに

できる花嫁のマナーと気配り_会話編8-2_依頼の言葉会話というのは切り上げ方にスマートさが出ます。
例えば送賓のあいさつでは、ゲストには短い言葉で上手に感謝を伝えたいけれど、
なかには話の長い人もいますよね。

そんなときは「後ほどゆっくり」とか「メールしますね」といった、
「まだこの先がある」と感じさせる促し方をすると角が立ちません。
「自分はどうされたら気持ちがよいのか」を考え、
好感度の高い会話を心がけましょう。

 

空気を和らげる依頼型の会話術

例えば彼の母親と写真を撮るときに
「お写真、いいですか?」と言えば依頼している形になり、
「撮りましょうよ」と言うと、言葉は優しくても
自分の意志で相手を動かすことになります。
言葉の選び方にも、大人度は出るもの。
決定権を相手に委ね、選択の余地を残す「依頼型の問いかけ」をすると、空気が和らぎます。

このコラムと関連した結婚式ムービーアイテム

endroll

オリジナル結婚式ムービー

「ありきたりな結婚式にはしたくない」「自分たちだけの結婚式にしたい」そんな願いもオリジナル結婚式ムービーなら実現できるかもしれません。 なぜなら、二人の歩んできた生い立ち、馴れ初めは他人とは決して違う二人だけのオリジナルヒストリーなのです。オリジナル結婚式ムービーはそのオリジナルヒストリー(歴史)を構成作家がオリジナルストーリー(物語)へ。そしてクリエイターがオリジナルムービー(映像)へと形作っていきます。

profile

このコラムのライター

井出千昌

フェリス女学院大学文学部国文学科卒。フリーライター。学生時代から編集の仕事に携わり、卒業後、フリーに。『25ansウエディング』(ハースト婦人画報社)には’90年代半ばから現在まで執筆を続けている。ウエディング関連の編集書に『安部トシ子の結婚のバイブル』(ハースト婦人画報社)、編集協力として『SWEETウエディング ハンドメイドBOOK』(武井美雪著/主婦の友社)などがある。

こちらもおすすめ

結婚式の豆知識

今さら人に聞けない 結婚式に関する素朴な疑問 PART.1 挙式編

結婚式の準備を進めながら「こんなことを聞いたら非常識?」 なんて考えてモヤモヤしている人もいるのでは? 特に挙式に関しては、 知らなくて不安になることっ…

結婚式の準備を進めながら「こんなことを…

演出アイデア集

映像関連のアイデア(2)

人気の高いビデオ演出ですが、これまでたくさんの結婚式に出席してきた友人のなかには「ハイハイあのパターンね」と思う人がいるかもしれず…。 ゲストの顔ぶれ…

人気の高いビデオ演出ですが、これまでた…

結婚式の豆知識

ヘア&メイクのオーダー術

当日にメイクが完成して、「アレ? なんだか自分らしくない」と思っても、修正はできません。「花嫁メイクは特殊ですからねー」とかなんとか言いくるめられて…

当日にメイクが完成して、「アレ? なん…

結婚式の豆知識

今さら人に聞けない 結婚式に関する素朴な疑問 PART.2 一般常識編

両家の顔合わせから結婚式の準備、入籍、新生活のスタートまで、 「これはどうすればいいの?」 と悩む一般常識のアレコレにお答えします!

両家の顔合わせから結婚式の準備、入籍、…

結婚式の豆知識

先輩花嫁に聞いた「ハプニングあるある」PART2. ドレス編

結婚式が終わり、アルバムや動画を観て 「自分がとんでもないことになっていたことに初めて気づいた」 という花嫁も多いもの。 アルバムならまだ他人の目に触れ…

結婚式が終わり、アルバムや動画を観て 「…

最後にチェックした商品